副業20万以下の時に住民税申告をしない。ペナルティはどうなる?

副業記事

ちょこっとPR~人気記事

実体験からおすすめ副業30選【在宅ワーク】人気ランキング
おすすめのポイ活ランキング厳選8選【2024年はこれがくる】
副業トラブル14選【詐欺や脱税】始める前に知っておくべき情報

今すぐAmazonギフト5万円が貰える
買わなくていい、話を聞くだけ、、!?

○○ちょこっとプロモーション○○

月に1万円ほど”ちょこっとお小遣い稼ぎしたい”
ポイ活でも最もおすすめなのが、日本最大級のポイントサイトであるモッピー

Amazonや楽天などのネットショッピングでもらえるポイントを倍にしたり、ポイ活をやるなら一番おすすめですよー!実際に副業ではいいお小遣い稼ぎになります♪

副業で20万円以下の時は住民税申告は不要なの?

住民税の申告とは?

住民税の申告とは、市町村や都道府県に対して、
自身の収入や資産に基づいて支払うべき住民税の額を申告することです。

住民税は、国民の所得や財産に対して課税される税金になります。なので、個人が毎年支払う必要があるんです!

住民税の額は、個人の年収や資産の状況に応じて異なり、
住民税の申告は通常、毎年2月から3月にかけて行われますよね!

申告するときは、自身の収入や所得、資産の状況などの詳細を申告書に記入し、それを市町村役場や都道府県庁に提出します。

申告書には、所得税の確定申告書や所得税の源泉徴収票(給与明細)などの書類も添付する必要があり、申告書を提出した後、市町村や都道府県は提出された情報をもとに、個々の税額を計算し、その計算結果に基づいて、申告者に対して住民税の納税通知書が送付されます。

納税期限までに税金を支払い、納税証明書を受け取ることで、住民税の申告は完了となります。 

住民税の申告を怠ったり、申告漏れや漏報があった場合は、
税務署からの指導や追加課税の対象となることがありますので注意してください!
参照:追徴課税とは?~計算方法や所得税との関連について

住民税を申告しない場合はどうなるのか?

住民税の申告を忘れると、下記の3つのデメリットがあります。 

1. 国民健康保険料の減額対象外
住民税の申告をしないと、国民健康保険料の減額対象外になるんです!
申告をしない場合、通常より高い金額の保険料を支払うことになります。

 2. 課税(非課税)証明書の発行ができない
住民税の完納証明書や非課税証明書は、住民税の申告をした人にしか発行させなければならないんです。これらの証明書は、マイナンバーカードの申請や年金受給など、様々な手続きに必要となる場合がありますし、申告をしないと、これらの証明書を取得することができません。

 3. 延滞金の加算
住民税の申告をしないことで、申告期限を過ぎた場合には延滞金が発生することがあります。

延滞金は、未納分の住民税額に対して一定の割合が加算されるため、
支払い総額が増えることになります。 

デメリットを避けるためには、住民税の申告期限を守り、適切な手続きを行うことが重要なんです。

副業20万円以下でも住民税申告の必要はあるのか?

20万円ルールをご存じでしょうか?聞いたことがあるという方も多いはずですが、
少し詳しく説明していきたいと思います。

副業20万円ルールとは、年収が主業の収入に加えて副業で20万円以上の収入を得る場合に、確定申告が必要となるルールの事です。

これは、副業で得られる収入も所得税の対象となり、年間20万円を超える場合は、収入の申告が必要となり、副業での収入がこのルールに該当する場合は、確定申告を行うことが重要です。

所得税の確定申告においては、
副業収入の金額に関わらず20万円以上の収入がある場合は必ず申告する必要があります。

しかし、住民税においては、副業で得た収入が20万円以下の場合でも申告しなければならず、申告を怠ると延滞金が発生する場合があるんです!

確定申告を行った場合には、所得税の納付額が決定されるだけでなく、それに関する情報はお住いの各市区町村にも通知されるため、各自治体は個人の収入状況を把握することができ、副業による収入金額も把握できるため、改めて住民税の申告は必要はないんです!

ただし、収入の確定申告を怠ってしまうと、
市区町村からの延滞金の加算や、確定した所得税の納付が遅れる場合がありますので、
注意が必要です。

副業20万円以下で住民税申告しない場合、ペナルティは?

副業20万円以下で住民税申告しない場合のペナルティ

副業の収入が20万円以下である場合、
住民税を申告しない場合には、ペナルティが課される可能性もあるんです!

住民税は、国民の所得に対して課される税金であり、収入の範囲に応じて納税義務が生じます。

一定の基準を満たす場合には、住民税の申告が必要とされますが、 副業の収入が20万円以下である場合は、住民税の申告が必要ない場合もあります。しかし、これは所得の合計が20万円以下であるという条件の下でのみ適用されます。 

もし、20万円以下の副業収入であるにもかかわらず、住民税の申告を行わなかった場合、税務署などの関係機関からの指導や通知があったり、応じるよう求められた場合には、申告義務を怠ったことによる罰則金や追徴課税が課される可能性もあるんです!
ペナルティの具体的な金額や処罰の詳細については、地域や個別の税務法人によって異なる場合がありますので、必要な情報を正確に把握し、法的な義務を遵守することが重要です。

住民税の申告は副業20万円以下でも必要!

住民税の申告は副業20万円以下でも必要です。

住民税の申告をせずに確定申告だけを行った場合、確定申告に基づいて住民税が計算されるため、確定申告により住民税が支払われる場合があります。

 また、住民税の税率は市区町村によって異なるため、所得が20万円以下でも確定申告を行って住民税の計算をすると、実際には住民税が発生する場合もあるんです!

住民税の申告は市区町村によって異なる手続きとなるため、
市区町村のホームページなどで確認し、適切な手続きを取るようにしましょう。

 総合的に考えると、副業による所得が20万円以下の場合でも、
確定申告を行い住民税の申告も適切に行うことが重要なんです!

申告漏れなどのトラブルを避けるためにも、必要な手続きを適切に行いましょう。

どんな時に住民税の申告が必要なのか?詳しく解説!

どんな時に住民税の申告が必要なのか?詳しく説明していきたいと思います。

まず、具体的な例としては、年金受給者でありながら他の所得がある場合や、給与以外の所得がある場合、複数の勤務先で働いている場合、年の途中で退職し再就職していない場合などです。

また、収入や所得が0円の場合でも、国保の減額や非課税証明書の交付などの利益を受けるためには申告が必要になります。

確定申告をすれば住民税の申告は必要ないのか?

確定申告をしている場合、住民税の申告の必要はないです。確定申告の情報に基づいて決定するため、必要ないんです。

住民税の申告方法は以下の通りになります。

 1. 住民税の申告書の入手 住民税の申告書は、市区町村の役所やホームページで入手することができます。申告書には、所得や課税対象となる財産、給与所得等の詳細を記入します。

 2. 申告書の記入 申告書に必要事項を正確に記入します。申告書には、自分や家族の情報、収入や給与、財産の評価額などを記入する必要があります。

 3. 申告書の提出 記入が完了した申告書を、市区町村の役所に提出します。提出方法については、各市区町村の規定に従って手続きを行ってください。提出期限に注意し、必ず期限内に提出してください。

 4. 課税処理と決定通知書の受領 市区町村は申告書を受け取り、所得や財産の評価に基づいて住民税を計算し、課税処理を行います。そして、納付期限や金額などが記載された決定通知書を送付します。 

住民税の申告は、毎年春に行われることが一般的なのですが、特定の場合には年末調整や源泉徴収が適用されるため、詳細な申告方法については個別の事情によって異なる場合もあります。 

以上が、確定申告と住民税の関係になります。是非参考にしてみてください!

ちょこっとPR~人気記事

実体験からおすすめ副業30選【在宅ワーク】人気ランキング
おすすめのポイ活ランキング厳選8選【2024年はこれがくる】
副業トラブル14選【詐欺や脱税】始める前に知っておくべき情報

今すぐAmazonギフト5万円が貰える
買わなくていい、話を聞くだけ、、!?

○○ちょこっとプロモーション○○

月に1万円ほど”ちょこっとお小遣い稼ぎしたい”
ポイ活でも最もおすすめなのが、日本最大級のポイントサイトであるモッピー

Amazonや楽天などのネットショッピングでもらえるポイントを倍にしたり、ポイ活をやるなら一番おすすめですよー!実際に副業ではいいお小遣い稼ぎになります♪

他の人気記事
副業‐TREND記事<一覧はこちら


おすすめの副業‐TREND記事<一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました