田舎で在宅ワークはWEB制作が儲かる?稼げるビジネスなのか解説

おススメの副業

こんな記事もあるよ!他の記事はこちら⇓

ちょこっとPR~人気記事

実体験からおすすめ副業30選【在宅ワーク】人気ランキング
おすすめのポイ活ランキング厳選8選【2024年はこれがくる】

今すぐAmazonギフト5万円が貰える
買わなくていい、話を聞くだけ、、!?

○○ちょこっとプロモーション○○

月に1万円ほど”ちょこっとお小遣い稼ぎしたい”
ポイ活でも最もおすすめなのが、日本最大級のポイントサイトであるモッピー

Amazonや楽天などのネットショッピングでもらえるポイントを倍にしたり、ポイ活をやるなら一番おすすめですよー!実際に副業ではいいお小遣い稼ぎになります♪

副業で人気のWeb制作の実態は?

Web制作とは

Web制作とは、新規のホームページやサイトを制作する仕事です。
ホームページの更新やリニューアルなども含まれます。自宅やカフェなど、パソコンさえあればどこでもできるので、副業としても人気の仕事になっています。

企画の考案をするWebマーケターや、その企画を形にするWebデザイナー、制作・構成するWebエンジニア、記事を作成するWebライターなど、全てWeb制作にあたる人々です。

一人で全てを行うのは難しいので、複数人で担当分けをして作り上げていくやり方が多いでしょう。
副業ではじめてスキルが上がってくると、会社を辞めてフリーランスとして活動する人も多いです。スキルが高いと、その分高単価の仕事を請け負うことができるので、比較的稼ぎやすい副業となっています。

業務内容とスキルについて

上記でも述べましたが、Web制作は様々な人の構成で成り立っています。

主に、副業としてはじめるには、Webデザイナー、Webエンジニア、Webライターが多いですが、それぞれにどのようなスキルが必要か紹介していきます。

まず、Webデザイナーですが、これはWeb全体のデザインやレイアウト、ロゴ、バナーなどの制作です。一番業務内容の幅が広いと言われ、デザインやレイアウトを行うだけではなく、他にも何かと依頼を受けることがほとんどです。

ホームページ作成におけるノウハウ全般など、幅広い知識が求められます。デザインスキルやコーティングスキルを身につけておかなくてはなりません。月収10万~30万程度の収入を見込めます。

副業としては十分な金額ではないでしょうか。

Webエンジニアは、システムの設計や開発、保守運用などが主な業務です。最も専門的な知識が求められます。Web開発系のプログラミングや言語スキルが必要です。Webデザイナーと比べると、デザイン的なセンスはあまり必要ではなく、それよりもいかに正確にかつ早く業務を進められるかが大切です。収入に関しては、新規のホームページ作成で、1ページにつき3万円程度が相場とされています。

たくさん案件を受けるほど収入は上がっていきます。

Webライターは、主に執筆作業が中心の仕事です。Web制作の中では比較的取り組みやすく、初めて副業としてWeb制作に関わるのであれば、おすすめです。

他2つに比べると、専門知識などは必要なく、レイティングスキルや簡単なSEOの知識、情報収集能力などがあれば対応できます。月に数万円程度の収入が見込めます。

Webデザイナーなどに比べると、
少し低いですがそれでも他の副業の業種の中では高いほうではないでしょうか。

Web制作で稼ぐためにはどうする?

Web制作はどのように稼ぐのか

Web制作の稼ぎ方ですが、Web制作といっても種類は様々で、個人で稼いでいくには主に、クライアントワーク、他社商品の販売、自社商品の販売が挙げられます。

中でも初心者でも始めやすく、比較的簡単にできるのがクライアントワークです。

クライアントワークとは

クライアントワークとは、依頼人から依頼された仕事を自分が作業者として自分の持っているスキルをこなしていくことです。Web系で代表的な案件として挙げられるのが、動画編集やWebライティング、Webデザイン、プログラミングなどです。

そして、デザインとプログラミングを合わせたWeb制作です。
最近需要が多いものが、YouTubeの台本作成、SNS運用代行などになっています。

SNS運用代行とは、インスタグラムやティックトックを依頼人に代わって運用することです。

これもWeb系の仕事に分類されます。
このようにWeb関連の仕事は、Web制作以外にも非常に多く、幅も広いのです。

Web制作のメリットとデメリット

まず、メリットですが、クリエイティブなことをするのが好きな人にとっては、自分の好きなものづくりが仕事になる点です。自分の趣味で仕事ができるのはかなりポイントが高いです。

Web制作では主にデザインとサイト構築のスキルが必要になります。サイト構築にはプログラミングのような要素を含んでいますが、こういった作業が好きな人もいるのではないでしょうか。

デザインすることが好きな人にとっても、当然やりがいのある仕事ではないでしょうか。

また、Web制作は、自分のスキルが高いほど制作単価も高くなります。

Web制作会社の場合、ホームページ一本で通常30万円~50万円ほどが目安になります。
複雑なサイトであったり、より凝ったサイトでは100万円ほどにもなります。

もちろん、単にデザインスキルやサイト構築スキルだけでは、これらの単価で案件を受注することは難しいですが、マーケティングの観点から見て、リサーチやサイト設計、戦略的な提案も含めるとこの程度の単価で受注している人もいます。初心者や始めたばかりの人でここまで稼ぐのは難しく、最初のうちは単価は低いですが、経験を増やしスキルがあがると、最終的にはかなり稼ぐことができます。

コツコツ取り組めば、数十万の報酬を得ることはできるでしょう。

他にも、サイト運用までこなすと半不労所得にもなる点もメリットのひとつです。Web制作会社が安定的に収益を得ているのか、それはサイトの運用がかなり大きいです。サイト運用とは、サーバーの契約費やサイト修正の費用も含まれます。個人の場合も、このような収益の方法は同じと言えます。

サーバー費用を運用費として毎月クライアントからお金をもらい、
自分で大きなサーバー契約をすることによって半不労所得のような収入を得ることができます。

反対に、Web制作におけるデメリットも述べていきます。一つ目は、単発的な案件が多く、継続的な発注が少ない点です。そもそもホームページなどのWebサイトは何個も作るものではありません。

ひとつの会社につき、1サイトが基本です。そのため1回制作してしまうと、しばらくは制作する必要がありません。同じWeb系の仕事である動画編集やSNS運用代行などに比べると、受注安定度は低くなります。動画編集だと、ひとつのチャンネルで複数の動画が必要になり、SNS運用代行も主に月額で運用していきますが、Web制作にはそのような安定性はありません。

リピートして何度も依頼をしてくれるクライアントがつけば、ある程度安定して案件を受注できますが、リピーターの獲得はけっこう時間がかかる上、自分のスキルも上げなくてはなりません。

また、Web制作にはあまり資産性がありません。全て自分の作業に対しての報酬が支払われます。毎回の作業が積みあがって収入が増えていくわけではありません。例えば動画編集で、YouTubeの広告収入を狙った副業であれば、安定したら何もしていないときでも収入が入ってくることになります。

積めば積むほど収入が増え、資産的な扱いになりますが、Web制作は毎回サイトを作っていかなくてはならないので、資産的なものではありません。しかし、運用費として多少の半不労所得のような収入源もあるので、そこをうまく構築できれば安定した収益を得ることができます。

最後に、Web制作は他の副業に比べると、学習ハードルが高く、作業時間もかかります。Web制作をするにあたって、覚えるべき知識やスキルが多く、それをすぐにマスターするのは難しいです。数週間勉強すればできることではありません。

Web制作に必要なスキルは、
①サイトの構築スキル
②デザインスキル
③ライティングスキル
④マーケティング知識が挙げられます。

他にもサーバーに関することなど、細かい知識がたくさんあります。
これで全てをマスターするには、かなりの時間を要します。

Web制作はメリット・デメリットがあり、自分に合う・合わないもあると思います。きちんと見極めることが大切です。

ちょこっとPR~人気記事

実体験からおすすめ副業30選【在宅ワーク】人気ランキング
おすすめのポイ活ランキング厳選8選【2024年はこれがくる】

今すぐAmazonギフト5万円が貰える
買わなくていい、話を聞くだけ、、!?

○○ちょこっとプロモーション○○

月に1万円ほど”ちょこっとお小遣い稼ぎしたい”
ポイ活でも最もおすすめなのが、日本最大級のポイントサイトであるモッピー

Amazonや楽天などのネットショッピングでもらえるポイントを倍にしたり、ポイ活をやるなら一番おすすめですよー!実際に副業ではいいお小遣い稼ぎになります♪

田舎に特化したホームページ作成

田舎に特化したホームページ作成

Web制作は副業として人気ですが、その分すでにWeb制作をはじめている人も多いので競争率も高いです。中でも注目したいのが、田舎に特化したホームページの作成です。

ここに絞ることにより、より稼ぐことができるかもしれません。
都会ほどWebに精通していなく、アナログな手段をとっている店舗や自治体も多いでしょう。

その地域内だけならそれでもよいかもしれませんが、離れたところにいる人に知ってもらったり、来てもらう、買ってもらうためには、やはりホームページが必要不可欠です。

地方でホームページを作成する場合は、
ホームページ以外のリアルな情報やアナログな施策も重要になってきます。

地域の各種団体などに依頼して、リアルな情報を得られる口コミの獲得や、アナログな媒体とのかけ合わせをしてマーケティングを踏まえると、よりよいページを作ることができます。

通常のWeb制作に比べると、少し手間のかかる作業もありますが、これまで注目されなかった地域のホームページ作成を成功させると、稼げる金額もアップします。

効果を出すために

田舎の情報は、ネット上ではないリアルな口コミやアナログな方法での情報発信が多い分、外へ向けた情報発信がそこまで確立されていません。そこでホームページを作成して、情報発信を拡大し、そこの店舗などにお客さんが集まると、その分報酬は高くなります。

もちろん様々なノウハウが必要なので、誰しもが成功するわけではありませんが、きちんと段階を踏んで正しい発信をすると効果は出るでしょう。

通常のWeb制作とは少し異なった仕事もおもしろいかもしれません。

Web制作にオワコン説あり??

Web制作ってオワコン・・・?

これまでWeb制作について、始め方や稼ぎ方を紹介してきましたが、Web制作にオワコン説が流れているのも事実です。なぜ、このようなことが言われているのでしょうか。それは、単純にWeb制作を仕事にする人が増えたこと、そして最近もっとも言われるのがAIの誕生です。

特にプログラミングに関してです。これまでは、いわゆるWebエンジニア、プログラマーと言われる人がしていた作業をAIができるようになったのです。今のAI技術では、完全に一から行うプログラミングではなく、プログラミングの補助的な役割を担っています。

コードの修正案を出したり、簡単なコードを書くことは可能とされていますが、複雑な環境で使われているコードには対応できなかったりする場合もあります。しかし、プログラミングでよく用いられる比較的簡単なHTMLやCSSは、システムが複雑でない分、よりAIで精密なコードを作成できます。実際に決まったデザインがあったら、そこからHTMLやCSSを作成するAIサービスも増えてきています。

このようなサービスが今後も増え、そしてそれが当たり前になってしまうと、Web制作は人間が行うものではなく、AIが行うサービスに置き換わってしまう可能性があるのです。つまり、今後のWeb制作の仕事で、AIの影響を一番受けてしまうのは、プログラミング分野です。

今後ますますAIの技術が進歩し、プログラミングスキルを持った人間の必要性が低くなることも十分考えられます。これまでWeb制作では、同じようなスキルや知識を持った人間の中、より秀でるためにスキルアップを磨いていた人も、今後はAIと向き合っていかなくてはなりません。

さらに、AIを利用するほうが、プログラマーを雇うよりもかなりコストが抑えられます。
そうなると、Web制作の仕事で稼いでいくことが難しくなってしまうのです。

今後もWeb制作を続けるためには何が必要?

Web制作にAIが参入し、将来性に不安を感じる人もいるかもしれません。

確かに上記のプログラミングの分野だけを見ると、そうように感じてしまうかもしれませんが、Web制作をやめると極端な選択をする必要はありません。

AIに置き換わる可能性のあるHTMLやCSSのみを使ってWebサイトを制作する仕事だけを目指すのは、あまりおすすめはできませんが、自分のキャリアの入口として学ぶことには意味があります。そのキャリアを踏まえて、Web関連の仕事でよりキャリアアップをはかることもできます。

スキルとして身につけておいて損することではないので、Web制作全般にチャレンジする人は、スキルのひとつとして持っていてよいでしょう。

Web制作で継続的に稼ぐためにしておくこと

今後ますます競争率が高くなることが予想されますが、そのときに変わらず稼ぎ続けるために大切なのは、日々技術力を高めること、Web制作以外のビジネスの全般のノウハウを持っておくことです。技術力とは、例えばWeb制作ではなくWeb開発など、より複雑化したWeb関連のスキルを磨くことです。

誰にでもできる単純な作業は、単価も下がり、それこそAIに置き換わってしまうこともあります。他のプログラマーと差別化を図るため、より複雑化した専門知識を学ぶことも重要です。

また。ビジネス全般のノウハウを持つということは、マーケティングやディレクター的な仕事も増やしていけるようにすることです。単純にプログラミングやライターの執筆など、作業という面だけでなく、クライアントの希望に沿った提言をしたり、プログラマーやデザイナーをまとめる役割を担えるようになると、仕事も幅も案件もかなり増えます。

Web制作のどこかひとつに特化するよりも、全般の知識を持ち、
どのような要望にも柔軟に対応できる力を身につけておきましょう。

Web制作は、今後複雑化はしていきますが、決してなくなる仕事ではありません。

時代に合ったスキルを持ち、継続的に取り組めるように自分で工夫をしていくことが大切です。

ちょこっとPR~人気記事

実体験からおすすめ副業30選【在宅ワーク】人気ランキング
おすすめのポイ活ランキング厳選8選【2024年はこれがくる】

今すぐAmazonギフト5万円が貰える
買わなくていい、話を聞くだけ、、!?

○○ちょこっとプロモーション○○

月に1万円ほど”ちょこっとお小遣い稼ぎしたい”
ポイ活でも最もおすすめなのが、日本最大級のポイントサイトであるモッピー

Amazonや楽天などのネットショッピングでもらえるポイントを倍にしたり、ポイ活をやるなら一番おすすめですよー!実際に副業ではいいお小遣い稼ぎになります♪

他の人気記事
副業‐TREND記事<一覧はこちら


おすすめの副業‐TREND記事<一覧はこちら

こんな記事もあるよ!他の記事はこちら⇓

タイトルとURLをコピーしました