バレないとは限らない。副業がもしもバレたときはどう対処するのが正解か解説

副業記事
PenPen
PenPen

どれだけ色々とリサーチしてもどこから副業が発覚するかはわからないですよね

念のために最悪の事態を想定しておくことも大切ですね♪

pao
pao

申告もきちんとしていても、バレてしまうことはいっぱいあるから

気に留めときましょう、、

「もしバレたら…」を想定しておく

他の記事で、副業がバレないためにすべきことを述べてきましたが、

「絶対に」、「100 %」バレないということはないので、
それを念頭に置いておいたほうがよいでしょう。

物事に「絶対」はありません。何らかのリスクがあることを知ったうえで、始めるべきでしょう。法律上、副業がバレた際に、それを理由に解雇や懲戒処分になることは認められていません。

たとえ会社に解雇などを言い渡されても拒否することはできます。会社の就業規則に副業禁止と示されていても、法的拘束力はありません。しかし、企業によっては、なんらかのペナルティを科せられることもあるかもしれません。

副業をすることにより、本業の会社が何か不利益を被った場合など、副業をした事実ではなく、副業から発展した何かについて責任を取らされることもあるでしょう。場合によっては、減給や降格を言い渡されることもありえます。

なかには裁判にまで発展してしまうこともあるので、そのリスクがあることは忘れてはいけません。自身が勤めている会社の就業規則をきちんと理解しておくことも大切です。

副業を始めたことにより、本業に何か支障をきたしてしまうと本末転倒。自分の置かれた状況をしっかりと理解し、バレた場合のリスクも考えたうえで取り組んだほうがよいでしょう。

ちょこっとPR~人気記事

実体験からおすすめ副業30選【在宅ワーク】人気ランキング
おすすめのポイ活ランキング厳選8選【2024年はこれがくる】
副業トラブル14選【詐欺や脱税】始める前に知っておくべき情報

今すぐAmazonギフト5万円が貰える
買わなくていい、話を聞くだけ、、!?

○○ちょこっとプロモーション○○

月に1万円ほど”ちょこっとお小遣い稼ぎしたい”
ポイ活でも最もおすすめなのが、日本最大級のポイントサイトであるモッピー

Amazonや楽天などのネットショッピングでもらえるポイントを倍にしたり、ポイ活をやるなら一番おすすめですよー!実際に副業ではいいお小遣い稼ぎになります♪

副業がバレた人によくある質問

副業が露見しました。 仕事とは別に活動しています。 本業の勤務先では、副業に関する内規が見当たりませんでした。 明日、上司が私を呼び出す予定です。 彼らの反応が悪ければ、解雇の可能性はありますか?

労基法で副業を禁止している事は社内規則よりないので、処分を下す事はできません。不当解雇で逆にお金を取れる可能性があります。

禁止の場合、バレた副業で発生するペナルティは何ですか、会社で副業が。

会社によって異なります。最近では、増える副業を容認する企業もあります。

大幅に儲けなければ、そもそも副業がバレることはないですよね?

副業の報酬と本業の給与を組み合わせて算出される住民税が、会社に通知されることで、副業が本業とバレる可能性があります。これは、給与担当者が税金の額が本業に比べて多いことに気付くことにより引き起こされます。

副業が副業がもしもバレたときは

いつでも転職できる環境を整えておく

まず、会社が副業を禁止していても法律上の拘束力はないので、副業がバレた際に懲戒処分などは認められません。会社の就業規則で副業禁止とされていても、法的効力はありません。

しかし、副業そのものではなく、副業を通じて何かしらの不利益を会社が被った場合は、処分の対象になるので気を付けなくてはなりません。

例えば、本業の会社での機密事項や顧客情報が漏れたり、
競合する会社・同業他社で副業をしてた場合は、厳しい処分がくだされるかもしれません。

(副業OKの会社でも、事前に届け出を出していなかったり、上記と同様に会社に不利益をもたらしたら、なにかしらの処分が下るかしれないので注意が必要です)

また、仮に懲戒処分を免れたとしても、その後の会社内での居心地が悪くなってしまうかもしれません。法的に問題はなくても、人間関係に溝が生じてしまうでしょう。

後ろ指をさされることも残念ながらあるかもしれません。
「副業をしてるからあの人は仕事がきちんとできない」など、あることないことを言う人間も出てくるかもしれなません。そうして会社から孤立してしまうと、転職を考えざるを得ない状況になる可能性もあります。

そのためにも、事前に転職を見据えておき、いざというときにすぐに行動にうつせるように準備をしておくことも大切です。副業の収入でも生活に困らない程度まで稼いでいると安心です。働き方が多様化した現代、自分に合った環境で、自分の市場価値を見いだせる会社を改めて探すのもひとつではないでしょうか。

誠心誠意きちんと説明し、謝る

例えば、家族の介護等でお金がかかる、
本業の収入だけでは生活が厳しい、
教育費や住宅ローンなどにお金が必要など、

理由によっては、副業したことを許してもらえるかもしれません。

もちろん嘘はだめです。結果的に処分は受けなくても、副業そのものについてはやめるように説得されることになるでしょうが、その際は素直に受け入れたほうがよいでしょう。

法的に副業が禁止されていないものの、就業規則を破ってしまったことに関しては、誠心誠意謝ったほうが後々面倒くさいことにはならないかもしれません。

カッとなり、会社に逆上するなど、もめごとはなるべく避けるようにしましょう。

副業OKの会社への転職もあり

どうしても副業がしたい、でも絶対にバレたくないというのであれば、副業OKにしている会社への転職も視野に入れてみてはどうでしょう。

政府から2019年に掲げられた働き方改革や、働き方のあり方を改めて見直すきっかけとなったコロナ禍を経て、副業を解禁した企業も少なくありません。

政府からも働き方改革を踏まえ、企業も働く方も安心して副業・兼業に取り組めることができるよう、環境整備を行っているとしています。副業や兼業について、企業や働く方が法令のもとでどういう事項に留意すべきかをまとめたガイドラインも作成されています。

ルールを明確化し、副業・兼業を希望する労働者が、適切な職業選択を通じ、多様なキャリア形成を図っていくことを促進するためのガイドライン改定も行われています。

ガイドラインでは、労働者が労働時間以外の時間をどのように利用するかは、基本的に労働者の自由であるとされており、原則、副業・兼業を認める方向で検討することが適当とされています。(公務員を除く)(厚生労働省HP:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000192188.html)

政府の後押しもあり、今後ますます働き方が多様化する時代になるでしょう。働く人材が著しく不足している昨今、求人の数もますます増えていくでしょう。

収入を増やしたい、スキルアップを図りたい、自身の希望に沿った働き方を明確にし、それに合った企業で堂々と働くことが一番ではないでしょうか。

バレたらどうしよう・・・という不安を感じることなく、自由にやりたいことをやれる、そんな会社を見つけてください。

ちょこっとPR~人気記事

実体験からおすすめ副業30選【在宅ワーク】人気ランキング
おすすめのポイ活ランキング厳選8選【2024年はこれがくる】
副業トラブル14選【詐欺や脱税】始める前に知っておくべき情報

今すぐAmazonギフト5万円が貰える
買わなくていい、話を聞くだけ、、!?

○○ちょこっとプロモーション○○

月に1万円ほど”ちょこっとお小遣い稼ぎしたい”
ポイ活でも最もおすすめなのが、日本最大級のポイントサイトであるモッピー

Amazonや楽天などのネットショッピングでもらえるポイントを倍にしたり、ポイ活をやるなら一番おすすめですよー!実際に副業ではいいお小遣い稼ぎになります♪

他の人気記事
副業‐TREND記事<一覧はこちら


おすすめの副業‐TREND記事<一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました