NFT知らないの?初心者編で簡単解説。仮想通貨との違いからリサーチ

NFT

NFTとはなに?分かりやすく解説!

最近よく耳にすることが多くなった【NFT】というワードですが、
2021年3月にアメリカのデジタルアーティストのNFTアートが約75億円で落札されたことでも注目を集めました。

しかし、意外とNFTについてよく分からないと思っている方も多いと思います。
NFTとは、
【Non-FungibleToken(ノンファンジブル・トークン)】といって、
非代替性トークンを意味します。

NFTにより、デジタルコンテンツに唯一無二の資産としての価値を持たせてくれ、
所有者の主張が可能になったんです!

NFT化する工程で、改ざんが困難なブロックチェーン上にデジタルコンテンツを記録することで、複製との差別化ができるようになり、唯一無二のデータと証明することが可能になったんです!

例を挙げますと、
自分で作成したイラストをアップロードして、他の人がこのデータをダウンロードし、自分の物だと主張したとしても、どちらのデータが本物なのか判断は難しくなってしまいます。

ですが、そのデータをNFT化することによって、そのデータにNFTとしての識別情報が記録されているので、見た目が同じ場合でも、オリジナルと判断することができるんです。

ちょこっとPR~人気記事

実体験からおすすめ副業30選【在宅ワーク】人気ランキング
おすすめのポイ活ランキング厳選8選【2024年はこれがくる】

今すぐAmazonギフト5万円が貰える
買わなくていい、話を聞くだけ、、!?

○○ちょこっとプロモーション○○

月に1万円ほど”ちょこっとお小遣い稼ぎしたい”
ポイ活でも最もおすすめなのが、日本最大級のポイントサイトであるモッピー

Amazonや楽天などのネットショッピングでもらえるポイントを倍にしたり、ポイ活をやるなら一番おすすめですよー!実際に副業ではいいお小遣い稼ぎになります♪

NFTとはいったい何?

非代替性トークンってどういうこと?

非代替性トークンとは、簡単に説明しますと、

NFT=非代替性トークン=替えがきかない唯一無二

という意味になります。

例えば、
ピカソの描いた原画や直筆サイン入りの本、
世界に一つだけのトレーディングカードなどが挙げられますね。
反対に代替性があるものは、お金はもちろん、フリー素材のイラストや市販品、電子上の画像などが挙げられます。
お金なんかは、代替性がきき、100円を他の100円に交換したところで100円にしかなりません。NFTは替えがきかないトークンになりますので、希少性が高いものといえます。

トークンとは?

そもそもトークンって何と思っている方も少なくないと思います。

トークンを簡単に説明しますと、
ブロックチェーン技術を使って、発行した暗号資産のことをいいます。

ブロックチェーンとは、データの改ざん、不正利用などが困難であり、安全にデータを記録してくれる技術のことをいいます。取引の情報をブロックとして記録し、それらがチェーンのように繋がっていくことからブロックチェーンと呼ばれているんです!

仮想通貨に関しても、NFTと同様にブロックチェーンを利用しているため、トークンと呼ばれていることがあります。

ブロックチェーンは安全にデータを管理してくれている技術ということになります。

NFTと仮想通貨の違いって何?

仮想通貨と何が違う?

仮想通貨とNFT、一体何が違うの?と違いがいまいち理解できない人も少なくないとおもいますが、その理由は、NFTと仮想通貨はセットとして語られることが多いからだと言えます。

NFTは唯一無二のものになりますが、
仮想通貨は通貨自体に唯一性はなく代替可能なデジタルしさんになるんです。

仮想通貨もNFTも【トークン】と呼ばれていますが、
トークンは様々な意味を持ちます。

しかし、ブロックチェーン技術で発行されたデジタル資産の意味で使われることが多くなりました。

仮想通貨もNFTもデジタル資産であり、どちらも同じように見えますが、
仮想通貨は代替可能な資産になり、
NFTは代替不可能な資産という違いがあるということを説明しました。

分かりやすく例を挙げますと、
Aが保有している500ETHと、Bが保有している500ETHは同じ価値になります。
現金でも同じです。100円と他の100円には違いは無く、全く一緒の価値になります。
そのため、仮想通貨は代替可能の資産ということになります。
しかし、NFTは識別可能な情報が記録されているため代替不可能となり、有名漫画家の原画なんかも一緒ですね!

各機能をプログラムできる

NFTはブロックチェーン技術を導入することができ、デジタルコンテンツだけではなく、作成者の情報などコンテンツに関する情報も一緒に記録してくれ、デジタル資産としての価値もつけてくれます。さらに、様々な暗号化が採用されていることにより、データの改ざんやハッキングなどの不正も防いでくれるということを説明しましたが、他にも様々な使い道があるんです!

基本的にNFTは、アートや映像、画像や音声など、デジタルコンテンツとして有名です。
しかし、上記以外にも、チケットや土地の売買などを電子データでおこない、NFTとして取引することもできるんです。
今後さらに認知度も上がり、発展していくことが考えられます。

【各機能をプログラム】
NFTはプログラムも可能なんです!
プログラムする必要性は、例えば、流通しているものにたいして制限するプログラムをした場合、流通の量を制限することができ、市場価値を保ちます。このように、市場に出回る量など、他にも様々なプログラムを設定することができます。

ブロックチェーンで管轄しているため取引自由

NFTはブロックチェーンが管轄しているので安心して取引ができ、
自由に使えるのが特徴です。

上記でも説明しましたとおり、ブロックチェーン技術によって取引のデータを全て管理しています。
このことから、ハッキングや改ざん、などの不安もなく自分でNFTを購入していれば、取引は自由自在です。

NFTは唯一無二が証明されることから、安心安全に取引することができるのが特徴なんです。

ちょこっとPR~人気記事

実体験からおすすめ副業30選【在宅ワーク】人気ランキング
おすすめのポイ活ランキング厳選8選【2024年はこれがくる】

今すぐAmazonギフト5万円が貰える
買わなくていい、話を聞くだけ、、!?

○○ちょこっとプロモーション○○

月に1万円ほど”ちょこっとお小遣い稼ぎしたい”
ポイ活でも最もおすすめなのが、日本最大級のポイントサイトであるモッピー

Amazonや楽天などのネットショッピングでもらえるポイントを倍にしたり、ポイ活をやるなら一番おすすめですよー!実際に副業ではいいお小遣い稼ぎになります♪

他の人気記事
副業‐TREND記事<一覧はこちら


おすすめの副業‐TREND記事<一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました