NFTは盗まれる?アート作品のトラブルと注意点を説明

NFT

ちょこっとPR~人気記事

実体験からおすすめ副業30選【在宅ワーク】人気ランキング
おすすめのポイ活ランキング厳選8選【2024年はこれがくる】

今すぐAmazonギフト5万円が貰える
買わなくていい、話を聞くだけ、、!?

○○ちょこっとプロモーション○○

月に1万円ほど”ちょこっとお小遣い稼ぎしたい”
ポイ活でも最もおすすめなのが、日本最大級のポイントサイトであるモッピー

Amazonや楽天などのネットショッピングでもらえるポイントを倍にしたり、ポイ活をやるなら一番おすすめですよー!実際に副業ではいいお小遣い稼ぎになります♪

NFTのトラブルと注意点とは?

知らなかった!NFTにはアート作品の画像は含まれてない?

NFTにアート作品の画像が含まれていないってどういうこと?と思いますよね?

NFTの代表的な活用例として、アート作品というものがあります。
このデジタルの絵やアート作品ですが、NFTに含まれてないことがあります。NFTというものは、この画像まで含めてNFTと考えている方が多いと思います。

しかし、その画像はアマゾンのAWDのサーバーに載っていたり、
企業側が管理しているサーバー上に画像が載っているというパターンが多いんです!

この画像を参照するためのURLをNFTのメタデータとして登録しているということなんです。
このため、NFTは画像であるように見えているだけなんです。

画像がチェーン上に載っていないということなんですね!
しかし、例外もあり、NFTで有名な価値の高い作品といったらドット絵です。

ドット絵は、ピクセル8×8位の小さな絵を拡大している作品です。

この場合、コストもかかりませんから、アート作品自体もチェーン上に載せることができます。ドット絵に関しては、イーサリアム上のチェーンに載っているので、永久的に不滅だということで価値が高いんです。

しかし、最近流行っている絵は、容量の大きい絵です。こういった作品に関しては、ブロックチェーン上に載せてしまうと、かなりガス代がかかります。なのでこういった絵は、ブロックチェーン上に載せることができないというのが現実です。

解決策としては、分散型ファイルサーバーに画像を置くことで、基本的にはずっと絵は残り続けます。この分散型ファイルサーバーに画像をアップし、画像のURLをNFTに記録することである程度永続性を持たせることができます。

しかし、画像はNFTには入っておりません。

画像を置いているサーバーが停止された場合、
NFTアートは見ることができなくなりますので、ちゃんと確認しておくことが大切です。

著作者の証明が難しいのもNFTの注意点!

例えばですが、誰でも有名なアニメの絵を真似して、
NFTを作ることが可能なんです。

コントラクトに登録して、ブロックチェーン上で、発行して販売することが出来ちゃいます。
ブロックチェーンの特性上、本当なのか偽物なのかが分からないというのが難点です。

オフィシャルからアナウンスされているものはもちろん本物ですが、誰かがアニメを真似して作った作品なのかもしれないということを、しっかり調べてから買うことをおすすめします。
ちゃんと調べていないと、偽物が売られてしまう可能性もありますので注意してください。

NFT問題!さまざまなNFTが存在する!

NFTにはブロックチェーンごとにNFTが存在します。

長期的にこのブロックチェーンは生存し続けてくれるのか?ということが問題視されております。
そのNFTのチェーンを運営している企業が、中央集権といったって、一般的にはそれを運営する財団のような感じという組式になっております。

安定的にブロックチェーンを運営するために参加しているバリデータという方たち、ノードと言われている方たち、イーサリアムでしたらバリデータと呼ばれる方たち、この方達は、安全にチェーンが働くように参加している方になります。

仮にもし、この方達が居なくなってしまったら、このチェーンは存続できるのでしょうか?
居なくなってしまった場合、そのチェーンの載っているNFTには価値があるのでしょうか?

ブロックチェーン自体なくなってしまったら、
NFTには価値がなくなるということを知っておく必要があります。
なので、どのチェーンのNFTを持っておくのかというのは、重要なポイントになるんです!

NFTトラブル!詐欺師の手法

NFT詐欺の手法!DMには要注意!

ツイッターなどでも、NFTの詐欺に引っかからないように、注意している方たちも多いです。
ですが、実際にはNFTで詐欺に合ってしまう方は続々と増え続けております。

まず一つ、NFTの詐欺に多い手法がDMです。DMは最初から詐欺だと思っていて問題ないでしょう!
このDM機能を利用して、企業やアーティスト、有名人から連絡が来たかのように見せかけ、詐欺のメッセージを送ってくる場合があり、実際にそれに引っかかり詐欺被害に合ってしまったという方も少なくないです。

見知らぬ人からのDMに注意し、
DM内のリンクをクリックしたり、送金を促すようなメッセージは詐欺だと思って問題ないとおもいます。

もちろん、新しくNFTを購入する場合にも気を付けて欲しく、そのオファーはちゃんと正当なものなのか、しっかり確認し、トラブルに巻き込まれないように注意しましょう!

NFTのトラブル!ハッキングには要注意

NFTの詐欺被害の中でも多いのが、ハッキングされてしまうというケース。
NFTがハッキングされてしまい、暗号通貨が不正に引き出されてしまう事件が多いんです。

とても怖いですよね!

ウォレットへのログインパスワードや、リカバリーフレーズなどが流出し、ウォレット内のNFTなどが盗まれてしまうケースも被害として多いです。

この、ハッキングされてしまうケースは珍しくありません。
他のウォレットアドレスにNFTを送信してしまった場合、それを取り戻すことは非常に難しく、復元出来なくなってしまいます。

ハッキング被害に合わないためには、普段使うウォレットに保管しないことが重要です。
いくつかウォレットを持つことができますので、ブロックチェーンに接続しないウォレットを作り、そこに保管しておくことで、ハッキング被害を回避することができるでしょう!

ちょこっとPR~人気記事

実体験からおすすめ副業30選【在宅ワーク】人気ランキング
おすすめのポイ活ランキング厳選8選【2024年はこれがくる】

今すぐAmazonギフト5万円が貰える
買わなくていい、話を聞くだけ、、!?

○○ちょこっとプロモーション○○

月に1万円ほど”ちょこっとお小遣い稼ぎしたい”
ポイ活でも最もおすすめなのが、日本最大級のポイントサイトであるモッピー

Amazonや楽天などのネットショッピングでもらえるポイントを倍にしたり、ポイ活をやるなら一番おすすめですよー!実際に副業ではいいお小遣い稼ぎになります♪

他の人気記事
副業‐TREND記事<一覧はこちら


おすすめの副業‐TREND記事<一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました